HOME > 看板の種類

 

荒川区での看板製作はお任せください!

 

荒川区全域、ご連絡いただければ迅速に現場調査、見積いたします。
荒川区での看板製作、実績多数!

お問い合せ・見積は、こちらの送信フォームからか、あるいはお電話(03-6677-5788)を。

送信フォームでうまく送信出来ない時は、sugikougei@co.email.ne.jp 宛に通常のメールでお送り下さい。

 

荒川区の地図

LINK

荒川区役所
荒川区(Wikipedia)

 

本社:〒123-0853 東京都足立区本木1-26-3

 

 

壁面看板/ネオン看板/表札・プレート/パネル看板/LED看板/電飾看板/突出・袖看板/カッティングシート・インクジェット出力シート/スタンド看板/総合案内版/野立看板/仮設看板/テント工事/特殊加工/特殊文字/施工/掲示板・ポスターケース/その他

 

荒川区立図書館ホームページ

荒川区防災課ホームページ

荒川区産業ホームページ

あらかわ遊園

荒川区の保育園ホームページ

(財)荒川区地域振興公(ACC)

荒川区の地名

荒川吹奏楽団

荒川区民交響楽団

荒川区の天気予報

荒川区青年団体連合会

 

「荒川区」の由来
江戸時代は農村だったが、明治時代から荒川の水を使うために多くの工場が建設され、工業化が進んだ。 1932年10月1日、東京市域拡張に伴い、北豊島郡南千住町・三河島町・尾久町・日暮里町が合併し、東京市荒川区が発足。区の発足から1945年ごろまで、東京市内で最も人口の多い区であった(当時の人口はおよそ28〜32万人)。 1947年5月3日、地方自治法が施行され、荒川区は特別区となった。 現在は下町としての特色を強く残す一方で、工場跡地を活用した大規模な再開発や公園整備が行われている。特に南千住地区の再開発は都内最大級の規模となっている。これに伴い、大規模なマンションの建設ラッシュが続いているため、若いファミリー層を中心とした人口流入が見られる。1990年代まで減少していた区全体の人口も増加に転じた。

 

河川名の「荒川」を由来とする。「荒川放水路」が荒川本流となる前は、現在の隅田川が荒川と呼ばれていた。

 

毎年、日経BP社等で行われる全国自治体ランキングでは、荒川区は行政サービス部門でトップクラスにランクされることが多いようである。2008年(平成20年)度は情報化分野や教育分野で全国1位、子育て環境分野では全国2位となっている。

 

ライン

看板写真看板写真